司法書士資格を取る意味はあるのか

TOP

この記事は司法書士になってみようかなと思っている人に向けて書きます。

受験生の時は合格後のイメージってなかなかできないものですが、少しでも勉強中のモチベーションアップにでもなれば嬉しいです。

ズバリ!!あります!!

まず結論から。

ズバリ!!あります!!

と言うか、私はあると思っています。

では、なぜそう言えるのか、私が考える司法書士資格の良さは以下のとおりです。

  • 司法書士事務所、一般企業問わず就職しやすくなる
  • 独立する場合の初期経費が非常に安い
  • 営業力がなくてもヘルプ(他事務所のお手伝い)でやっていくこともできる

司法書士事務所、一般企業問わず就職しやすくなる

まず、司法書士資格を取ると2つの選択肢ができます。

それは、独立するか勤務するかです。

ただ、実務について何も知らないのにいきなり独立する人は結構少数派だと思います。

そうすると大半の人が就職して、実務経験を身につけようと考えます。

その場合に、司法書士事務所へ就職するのが一般的ですが、そのハードルは非常に低くなります。(当然といえば当然ですが)

要は簡単に受かります。(笑)

私は就職氷河期世代で、大学の同期は就活の時に100社以上受ける人たちが沢山いて、すごいなぁと思っていた記憶がありますが、全然そんな努力いりません。

4〜5社受ければ2〜3社くらい受かります。

しかも面接は大体一発勝負です。多くても二次面接くらいまでで三次面接までやることはほぼありません。

ちなみに、たまに司法書士事務所に勤務して、やっぱりこの業界合わないやってことで一般企業に就職する人がいますが、大体みなさん就職できてます。(私の同期で一般企業に転職した人は20代〜40代まで幅広くいます)

30歳までに転職しないと後戻りできないよーみたいな縛りが司法書士資格を持っているということで(勿論それだけではないですが)緩和される感じですかね。

独立する場合の初期費用が非常に安い

最小の設備で独立する場合には、パソコンとコピー機くらいあれば司法書士は独立できちゃいます。

これってなかなかすごいですよね。

登記申請する用のソフト(登記申請システム)は国が準備してくれているので利用はタダです。

(電子証明書とかの費用はかかりますが・・ただそんなに高くなかったはず。1万円くらいだったと思います)

私は1年半くらい他事務所で修行した後独立したのですが、プライベート用のパソコンとコピー機があったので、登録費用だけ払ってすぐに開業できました。

ちなみに私は自宅開業で始めて、コピー機をリースしたり司法書士ソフトを購入したりしたので、おおよそ20万円〜30万円くらい開業費用にかかりました。

それでもめちゃくちゃ安いですよね。

今は自宅開業から店舗として事務所を構えているのでその時に結構お金はかかりましたが・・

おそらく独立する際の費用で50万円くらいみておけば自宅開業の費用としては足りてしまうと思います。

他の仕事と比べると独立のハードルがすごく低いのがわかりますよね。

営業力がなくてもヘルプ(他事務所のお手伝い)でやっていくこともできる

これ意外と知られていないんですが、ヘルプだけでやっていっている人がいます。

どういうことかと言うと、司法書士のメイン業務には不動産売買の決済業務というのがあります。

この決済の場には司法書士が必ず立ち会わなければならないのですが、大手の事務所だと月に数百件決済業務が舞い込んできます。

これを事務所の司法書士だけで処理するのは実際無理なんです。

そうすると知り合いの司法書士に電話して、「○月○日に決済あるんだけど、ヘルプお願いできる?」なんて連絡をして他事務所の人に決済に行ってもらうわけです。

これを俗にヘルプ業務なんて言うのですが、同期や先輩の知り合いが増えれば自然と増えていきます。

なので、ヘルプ業務だけで毎月売り上げを上げることも可能なわけです。

ちなみにヘルプ業務は決済だけじゃなくて、裁判のヘルプなんてものもあるみたいなので、認定司法書士の資格持ちの方はより幅が広まります。

つまり司法書士資格を取ると働き方が選択できるということ

今挙げた司法書士資格の良さから言えることですが、働き方の幅が広がるということが最大のメリットなのかなと思っています。

勿論、独立して大きな事務所にしようと頑張るも良し、そこそこ稼いで楽に仕事をしていくも良し、大手企業に就職するも良しです。

司法書士資格は合格までがなかなか大変ですが、必ず合格できます。(少なくとも私はできると思っています。)

長期間合格できなかったり、自分では最大限努力しているつもりでもなかなか合格できないというのは、努力の方向性のちょっとした掛け違いなんかから発生するのかなと思います。

何度も言いますが、司法書士試験は必ず突破できます。

なので、今司法書士試験を目指して頑張っていて、ちょっと心が折れそうになっている方は受かった後の楽しみとかを思いつつもうちょっとだけ頑張ってみてはいかがでしょうか?

今日はこれでおしまい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました